クルクミンの力を知ろう

クルクミンという成分は、ポリフェノールの一種です。よく聞くウコンに含まれているもので、ウコンを摂取すると同時にクルクミンは摂取できます。とっても鮮やかな黄色をしています。

このクルクミンの作用として最も注目されているのが、肝臓への作用です。肝臓は色々な成分を入れ替える代謝、そして不要なものを排出する解毒の働きをしていて、人間にとってもとても大切な臓器です。アルコールが体内に入ったときにも、肝臓が分解し解毒をして排出します。クルクミンはこの肝臓が働く際に必要となる胆汁の分泌をよくして、肝臓の動きを活性化させてくれるのです。肝機能がよくなれば二日酔いにもなりにくくなるなど、色々な効果が実感できるでしょう。付き合いで飲まなくてはならないときでも、次の日に持ち込まないためにクルクミンはぜひ摂取しておきたいものです。

また、抗酸化作用もあります。身体を若々しく保つためには体内の活性酸素をきちんと排出させる働きがありますが、抗酸化作用はこうした活性酸素のせいで起こる身体の酸化を防いでくれます。いつまでも若々しくいられるようにも、クルクミンは欠かせない成分となっています。免疫の機能を向上させることができ、生活習慣病の予防にも繋がっていくと思います。

This entry was posted in 食材関係. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>